池江璃花子「驚異的な回復」ゆえに心配な周囲からの重圧

公開日: 更新日:

 白血病からの復活を目指す競泳女子の池江璃花子(19)が“再始動”に向けて動き始めた。池江のマネジメント事務所は16日、所属クラブであるルネサンスの西崎勇氏(43)の指導を受けると発表。今後は西崎氏をヘッドコーチとしたグループ指導体制の下、水中トレや筋トレを行うという。

 池江は2019年2月に病を告白し、長期入院。抗がん剤の投与に加えて、同9月には完治の確率が高いとされる造血幹細胞移植手術も受けた。一時は弱音を吐いたこともあったが、順調に回復。今年3月には自身のSNSでプールに入ったことを明かした。

 池江が受けた移植手術はデスクワークをこなすだけでも、通常なら術後1年、早くても半年は要するといわれる。池江は大学の講義を受けるだけでなく、わずか半年でプールに戻ったことから、専門医や周囲の関係者は「驚異的だ」と目を丸くしているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る