池江璃花子「驚異的な回復」ゆえに心配な周囲からの重圧

公開日: 更新日:

 白血病からの復活を目指す競泳女子の池江璃花子(19)が“再始動”に向けて動き始めた。池江のマネジメント事務所は16日、所属クラブであるルネサンスの西崎勇氏(43)の指導を受けると発表。今後は西崎氏をヘッドコーチとしたグループ指導体制の下、水中トレや筋トレを行うという。

 池江は2019年2月に病を告白し、長期入院。抗がん剤の投与に加えて、同9月には完治の確率が高いとされる造血幹細胞移植手術も受けた。一時は弱音を吐いたこともあったが、順調に回復。今年3月には自身のSNSでプールに入ったことを明かした。

 池江が受けた移植手術はデスクワークをこなすだけでも、通常なら術後1年、早くても半年は要するといわれる。池江は大学の講義を受けるだけでなく、わずか半年でプールに戻ったことから、専門医や周囲の関係者は「驚異的だ」と目を丸くしているという。

 新型コロナウイルスの蔓延により、世界のトップスイマーは練習の自粛を強いられた。プールに入ることすら禁止されたため、練習量は闘病中の池江とほとんど変わらない。来年に延期された東京五輪への出場を期待する声も高まっているそうだが、現実的には厳しい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽