3試合がサヨナラ試合 初めて観客入れたプロ野球の泣き笑い

公開日: 更新日:

 拍手や声援があるにもかかわらず、投球がミットを鳴らす音はハッキリ聞こえた。トランペットや太鼓がなければ、打球音がかき消されることもなく、球場にいる臨場感も楽しめる。いっそのこと、このまま鳴り物の応援はやめた方がいいんじゃないか――。

 そんなふうにも思ったのが、各球場で今季初めて観客を入れた10日のプロ野球だ。

「皆さんの前でプレーできることに幸せを感じます」

 こうコメントしたのはロッテ戦の初回に先制3ランを放った西武の山川だが、観客を迎えて気合が入ったのはどの選手も一緒。この日のナイター5試合はすべて1点差ゲーム、うち3試合はサヨナラ本塁打という劇的な幕切れだったから、応援する方もされる方も満足だったに違いない。

 そんな中、勝ちを拾ったといわれるのが甲子園の阪神。2点リードで迎えた五回表2死二塁、先発の青柳が梶谷に適時打を浴びて1点差に。辛くも後続を断ったところで降雨中断となり、試合は結局、コールドゲームになった。「セーブ雨」で阪神は4連勝、選手もフロントも万々歳か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る