朝乃山が取り直し波乱も9連勝 新大関が破る2つのジンクス

公開日: 更新日:

 何とか勝ちを拾った。

 27日、朝乃山(26)が取り直しの末、隠岐の海を撃破。最初の一番は土俵際に追い詰められ、逆転を狙った投げを打つも同体。次の一番も苦戦しながら、タイミングよく上手投げが決まった。

 これで白鵬とともに無傷の9連勝。優勝争いの先頭をひた走っている。

 俗に「新大関は好成績を残しにくい」と言われている。最近でも貴景勝栃ノ心が新大関の土俵でケガをし、途中休場。高安も9勝6敗だった。あれだけ強い関脇が大関になった途端……というのは、角界では珍しくない。

「言い方は悪いが、朝乃山は新型コロナが追い風になっている」と、ある親方が続ける。

「大関に昇進すると各地のイベントやテレビ出演、挨拶回りなどで多忙になりがちです。稽古の時間をつくるのが精いっぱいで自分の時間がなくなり、精神的に参ってしまう。さらに報道陣が連日押し寄せ、『新大関として……』『新大関の相撲を……』なんて質問を毎日される。嫌でも意識してしまいますよ。そうしたことが、今回のコロナ禍で全部吹っ飛んだ。稽古に集中できただろうし、3月場所で大関に昇進して4カ月も経っているので、心構えという意味で腰も据わったでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る