攻め急ぎ白鵬まさかの連敗…“安パイ”鶴竜休場で相撲に焦り

公開日: 更新日:

 横綱白鵬(35)が、まさかの2連敗だ。

 30日は御嶽海と対戦。立ち合いでまわしを取り、後は寄り切るだけ……という体勢になったものの、好事魔多し。普段ならまわしを引きつけて盤石の寄りを見せるはずが、この日は上体が前のめりになり、御嶽海を土俵際に押し込みながら体が伸びてしまった。そこに御嶽海の突き落とし。あおむけにひっくり返されて、土俵下に転げ落ちた。

 らしくないといえば、らしくない相撲。前日は大栄翔に今場所初黒星を喫しており、これで2敗目だ。

「大栄翔戦は立ち合いでまわしが取れなかったのが敗因です。白鵬は自分が想定していない相撲になると慌てる悪癖があり、ペースを掴みきれず、さらに足まで滑らせてしまった。独走態勢から朝乃山らに並ばれたことで、御嶽海戦では焦って攻め急いだのではないか」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る