フェンシング全日本“投げ銭”たったの4500円…唯一の秘策は

公開日: 更新日:

 マイナースポーツが資金繰りに必死だ。

 各競技団体は、コロナ禍による大会中止が相次ぎ、スポンサー収入が激減。選手の強化費捻出もままならない団体が少なくない。

 日本では注目度の低いフェンシングも例外ではなく、17日に開幕した全日本選手権(東京・駒沢体育館)では、インターネットを使ったライブ配信を実施。視聴者が観戦しながら、お気に入りの選手を個別に支援する「投げ銭」システムを導入した。大会事務局の発表によれば、初日(17日)のおひねりは、わずか4500円。当日は女子エペ、男子サーブルの準決勝まで行い、レベルの高い好試合が展開されながら、寂しいスタートとなった。

 今回の投げ銭は、2017年に日本協会の会長に就任して以来、競技人口やファンの拡大に取り組む太田雄貴会長(34)による発案。活動資金の不足にあえぐ選手救済を目的としたものだが、今のフェンシング界に集客や投げ銭を期待できる選手は皆無。ロンドン五輪団体銀の三宅諒(29)が、企業とのスポンサー支援をストップし、配送のアルバイトで資金を稼いだことが話題になったほどだ。

 日本のフェンシング界で唯一、集客が見込めるのは現役時代、北京(フルーレ個人)、ロンドン(同団体)の2大会連続銀メダルを獲得した太田会長しかいない。

 多くの投げ銭を期待するなら、太田会長が現役復帰してサーベルを握るしかなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!