フェンシング全日本“投げ銭”たったの4500円…唯一の秘策は

公開日: 更新日:

 マイナースポーツが資金繰りに必死だ。

 各競技団体は、コロナ禍による大会中止が相次ぎ、スポンサー収入が激減。選手の強化費捻出もままならない団体が少なくない。

 日本では注目度の低いフェンシングも例外ではなく、17日に開幕した全日本選手権(東京・駒沢体育館)では、インターネットを使ったライブ配信を実施。視聴者が観戦しながら、お気に入りの選手を個別に支援する「投げ銭」システムを導入した。大会事務局の発表によれば、初日(17日)のおひねりは、わずか4500円。当日は女子エペ、男子サーブルの準決勝まで行い、レベルの高い好試合が展開されながら、寂しいスタートとなった。

 今回の投げ銭は、2017年に日本協会の会長に就任して以来、競技人口やファンの拡大に取り組む太田雄貴会長(34)による発案。活動資金の不足にあえぐ選手救済を目的としたものだが、今のフェンシング界に集客や投げ銭を期待できる選手は皆無。ロンドン五輪団体銀の三宅諒(29)が、企業とのスポンサー支援をストップし、配送のアルバイトで資金を稼いだことが話題になったほどだ。

 日本のフェンシング界で唯一、集客が見込めるのは現役時代、北京(フルーレ個人)、ロンドン(同団体)の2大会連続銀メダルを獲得した太田会長しかいない。

 多くの投げ銭を期待するなら、太田会長が現役復帰してサーベルを握るしかなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る