松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

政治家のセンセが吹きまくる「一億総火の玉五輪」の大法螺

公開日: 更新日:

 本番まで10カ月となった東京五輪。ここへ来て関係者が吹きまくってる。

 橋本聖子五輪担当大臣「あんまり心配しないで大丈夫だから。五輪はやります」。

 JOC山下会長「政府、JOC、一丸となって必ずや五輪を開催する決意です!」。

 森喜朗組織委員会会長に至っては「なにがなんでもやるんだ!」。

 あの、センセがたね。現場は大変だよ。まず各国が選手団を派遣する? しないでしょ。

 全員ガスマスク着けて入国するとしても、まず空港で全員PCR検査、2週間は選手村に缶詰め、その間、奇跡的に発病しなかったら、2週間のブランクでヘタった体を一からトレーニングし直して本番に備えるって、そんなことやってたら、滞在期間は普通の五輪の3倍ぐらい必要でしょ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る