元順大監督・澤木啓祐氏に聞く “無観客”箱根駅伝は可能か

公開日: 更新日:

 東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)を主催する関東学生陸上競技連盟(関東学連)は9月19日付で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年度の主催大会は全て無観客で実施することを加盟校に通知した。これを報道で知った大学関係者の反応はさまざまだが、箱根駅伝が史上初の無観客開催となれば、どんなことが予想されるのか。駅伝で無観客など可能なのか。1974年から母校・順大で指揮を執り、箱根駅伝は4連覇を含む9度の総合優勝を果たした澤木啓祐氏(76=元日本陸連、日本学連、関東学連副会長、現順大大学院スポーツ健康科学研究科特任教授)に聞いた。

  ――箱根駅伝の無観客開催の一報を聞いたときはどう思いましたか。

「コロナ禍の影響により、数々のロードレースが中止になっている。私が理事長の日本ブラインドマラソン協会が主催する全国視覚障がい者駅伝大会(11月・大阪)も中止を決めた(12月日産スタジアムのトラックで代替大会)。箱根駅伝は100年の歴史があり、関東学連としては、これまでの歴史と伝統を尊重し、形を変えてもいいから継続開催することを前提に考えていたと思う。しかし、観客のいない、もしくは非常に少ない箱根駅伝を、今は想像することができない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    スガ政策はスカスカだ 国会で野党が追及すべき3つの問題

もっと見る