元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

背番号10候補の南野は4年半がかりで“日の丸の似合う男”に

公開日: 更新日:

南野拓実(リバプール FW・25歳)

 2019年9月に始まった2022年カタールW杯2次予選で三浦カズの記録を上回るW杯予選連続4ゴールを奪い、森保ジャパンの絶対的エースに上り詰めた南野。日本代表の「新背番号10候補の1人」と目され、オランダ遠征(9日のカメルーン戦、13日のコートジボワール戦)でのゴール量産が求められる。

「(19年10月の欧州CL)リバプール戦でゴールした時は、悔しい気持ちの方が大きかった。W杯で勝つには、ああいう舞台でプレーする選手が増える必要がある。自分も経験を積んで少しでも代表チームの力になりたいと思ってます」

 ちょうど1年前の代表合流時。当時オーストリア1部ザルツブルク所属の南野は、敵将クロップ監督を苦笑いさせた強烈ゴールに喜ぶどころか、悔しさを口にしていた。

 負けん気の強さは気性の荒さで知られる大阪・泉南生まれらしい。「小学生の頃は試合に負けるといつも悔し泣きしてました」と聞かされたことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る