久保建英は代表でもレギュラー遠く…浮き彫りになった課題

公開日: 更新日:

 森保一監督率いる日本代表が9日、遠征先のオランダで昨年12月以来となる代表戦をスコアレスドローで切り抜けた。

 対戦相手のカメルーン代表は8日に判明した新型コロナウイルスの陽性反応者2人、濃厚接触者1人の計3選手が戦線離脱。登録18選手の小所帯だった。コロナ禍でモチベーションは激減のカメルーンだったが、森保ジャパンは押し込まれる時間帯も多かった。

 日本のメディアが「至宝」「次代のエース」と持ち上げるスペイン1部ビジャレアルのFW久保建英(19)はベンチスタート。後半20分、MF堂安律(ビーレフェルト)に代わって登場した。

 バルサ育ち、レアル・マドリード所属の久保はマジョルカを経て今季ビジャレアルでプレーしている。鳴り物入りでの移籍だったが、第5節が終了した時点で出場時間は<13分、5分、16分、15分、5分>と計54分に過ぎない。クラブでサブに甘んじている久保は、やはり代表でもレギュラーには程遠い。サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る