パ首位攻防戦 ソフトB「コロナ禍の観客制限」に安堵のなぜ

公開日: 更新日:

 2位ロッテ楽天にサヨナラ勝ち。首位ソフトバンクオリックスに完封勝ちでゲーム差は2のままだ。優勝争いは予断を許さないが、仮にソフトバンクが逃げ切っても、ロッテが2位のままならCSでぶつかることになる。直接対決の戦績は昨季から14勝28敗1分け。ソフトバンクが大きく負け越しており、リーグVでも日本シリーズにコマを進めるのは容易ではないだろう。

 そんな首位チームにとって、救いともいえるのがコロナ禍による観客規制だ。今のところ1試合に入場できる観客数は2万人を上限に、最大収容人数の半分まで。ただでさえ少ないビジター球団のファンは、CSでも大幅減が予想される。

 あるホークスOBは「2010年のCSがトラウマになっているからね」と、こう続ける。

「ロッテは勢いに乗りだしたら止められない。理由はわからないが、熱烈なファンの声援とは無関係ではないと思う。05年もそうだったが、10年前のCSも3位ロッテが2位西武を撃破し、その勢いで首位ソフトと対戦。1勝のアドバンテージがあったので、ソフトは3戦目には3勝1敗で王手をかけた。ところが、そこからまさかの3連敗。ロッテの応援団は数で負けていたが統一された声出しや声量などがハンパじゃなかった。どっちがビジターかわからないほどで、最終戦では『こりゃ、もう勝てねーや』とこぼしていた者もいたらしく、実際0―7の完封負け。ロッテは日本シリーズでも中日を下し、史上最大の下克上と言われた」

 今はコロナ禍で移動をためらうファンもいるため、各球場もビジター応援団の客足は鈍い。しかも今季は大声を出しての応援は禁止。ロッテ自慢の大応援団も、その「力」を十分に発揮できそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  6. 6

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る