春日良一
著者のコラム一覧
春日良一元JOC職員・スポーツコンサルタント

長野県出身。上智大学哲学科卒。1978年に日本体育協会に入る。89年に新生JOCに移り、IOC渉外担当に。90年長野五輪招致委員会に出向、招致活動に関わる。95年にJOCを退職。スポーツコンサルティング会社を設立し、代表に。98年から五輪批評「スポーツ思考」(メルマガ)主筆。

10.10の雨に思う…東京五輪2020は遺産を破壊する行為では

公開日: 更新日:
「世界選手権を日本にもってきたい」とコーツ世界陸連会長(代表撮影)

 今年の10月10日、東京は雨が降り続いた。1964年の同日、世界中の晴天を集めたような東京の空の下、5151人の世界の若人が国立競技場に集まった。スポーツが平和な世界をつくる夢が実現したこの日を記念して「体育の日」が設けられた。以降、体育の日は、おおむね天気に恵まれた。しかし、…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  3. 3

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  7. 7

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  8. 8

    大鹿理財局長の「何をもって虚偽とするか」発言に唖然呆然

  9. 9

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る