国立に「トラック残して」コー氏の“甘言”が招く莫大維持費

公開日: 更新日:

 IOC(国際オリンピック委員会)の重鎮が無理難題を吹っ掛けた。

 世界陸連会長で、東京五輪の調整委員も務めるセバスチャン・コー氏(64)が8日、東京五輪メインスタジアムの国立競技場を視察。最新鋭の技術が結集した高速トラックなどを確認すると「選手が最高のパフォーマンスを発揮できるだろう」と満足そうに話し、「世界選手権を日本でまた開催したい。できればトラックやウオームアップエリアを維持してほしい」と、1991年東京、2007年大阪大会以来の実施を示唆したうえで、東京五輪後の施設維持を注文した。

 陸上の世界選手権開催にはトラックや客席などの条件が定められており、レースを控えた選手が練習するウオームアップエリア(サブトラック)の設置が義務付けられている。国立競技場は一時、ウオームアップエリアの常設を検討したが、建設費や維持費を抑えるため、東京五輪は仮設で間に合わせることになったいきさつがある。同エリアは五輪閉幕後、イベントホールなどの跡地利用が決定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

  2. 2
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  3. 3
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  4. 4
    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

  5. 5
    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

もっと見る

  1. 6
    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

  2. 7
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  3. 8
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  4. 9
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  5. 10
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる