国立に「トラック残して」コー氏の“甘言”が招く莫大維持費

公開日: 更新日:

 IOC(国際オリンピック委員会)の重鎮が無理難題を吹っ掛けた。

 世界陸連会長で、東京五輪の調整委員も務めるセバスチャン・コー氏(64)が8日、東京五輪メインスタジアムの国立競技場を視察。最新鋭の技術が結集した高速トラックなどを確認すると「選手が最高のパフォーマンスを発揮できるだろう」と満足そうに話し、「世界選手権を日本でまた開催したい。できればトラックやウオームアップエリアを維持してほしい」と、1991年東京、2007年大阪大会以来の実施を示唆したうえで、東京五輪後の施設維持を注文した。

 陸上の世界選手権開催にはトラックや客席などの条件が定められており、レースを控えた選手が練習するウオームアップエリア(サブトラック)の設置が義務付けられている。国立競技場は一時、ウオームアップエリアの常設を検討したが、建設費や維持費を抑えるため、東京五輪は仮設で間に合わせることになったいきさつがある。同エリアは五輪閉幕後、イベントホールなどの跡地利用が決定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る