友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

契約し不良債権化 やらずぶったくり筆頭はロッテのチェン

公開日: 更新日:

 メジャーリーグには長期契約をした後、別人のように働きが悪くなり、不良資産化する選手が少なくない。中でも不良資産化の度合いが著しいのは以下の3人である。

■チェン・ウェイン(35=元マーリンズ、現ロッテ

 元中日のチェン・ウェインはオリオールズで活躍後、2016年にマーリンズに5年8000万ドル(約84億円)の契約で迎えられた。エースになることを期待されたものの、故障続きで波に乗れずに4年で13勝19敗と不良資産化。そのためマーリンズは契約を1年残して昨年11月にチェンを解雇した。しかし、5年契約は生きており、今季マーリンズから5年目の年俸2200万ドル(約23億円)が満額支払われた。

 それに対し、40人枠に入っているメジャーの現役選手はシーズンが60試合に短縮されたことで年俸も大幅にカット。それによりチェンは「今年最も稼いだ野球選手」として話題になった。もし、マーリンズをクビにならなければ、今季年俸は815万ドル(約8億6000万円)に減額されていたため、1年早いクビは彼に望外の幸運をもたらすことになった。チェンは今季マリナーズのマイナーに在籍後、9月にロッテと契約したが、23億円をゲットした後なので、こちらの方は3000万円というディスカウント価格でサインしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る