G岡本が2冠返り咲き 初タイトルに「必要なこと」恩師助言

公開日: 更新日:

 もがいていた巨人の4番・岡本和真(24)が再び2冠に返り咲いた。

 22日のヤクルト戦の三回。吉田喜が投じた真ん中の141キロをはじき返すと、打球はバックスクリーンに飛び込む26号2ランとなった。七回には中前打でさらに1打点。本塁打は阪神・大山と並び、リーグトップタイ。81とした打点は中日・ビシエドを抜いて同トップとなった。

 これまで両部門でトップを快走してきたが、前日まで2試合連続ノーヒットで同2位に転落。元木ヘッドコーチに「リラックスして打ってくれれば」とゲキを飛ばされていた。

 昨季まで巨人の巡回打撃コーチを務め、二軍監督時代には岡本を4番に固定するなど育成に尽力した内田順三氏は「一緒に戦ってきた者として何が何でも2冠を取って欲しいですね」とこう言った。

「岡本が打てない時は、バットが外回りしたり、ステップ幅が大きくなったり、大きく反動を取るようになることがあります。ただ、そういう感じはあまり見受けられない。初のタイトルなので、絶対に意識するはずで、それは仕方ない。プレッシャーというより、力みが出ているように見える。二、三塁間に内野手が3人守るシフトを敷かれることもありますが、岡本は引っ張り専門の打者ではありません。持ち味は逆方向へも大きな打球が打てること。きた球に逆らわず、センターから右中間方向へはじき返せるかどうか。と思っていたら、センター方向に一発が出たのはいい傾向です。安打や本塁打が欲しい状況になると、どの球種も追い掛けがち。最後まで好球必打を貫くことです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る