G岡本が2冠返り咲き 初タイトルに「必要なこと」恩師助言

公開日: 更新日:

 もがいていた巨人の4番・岡本和真(24)が再び2冠に返り咲いた。

 22日のヤクルト戦の三回。吉田喜が投じた真ん中の141キロをはじき返すと、打球はバックスクリーンに飛び込む26号2ランとなった。七回には中前打でさらに1打点。本塁打は阪神・大山と並び、リーグトップタイ。81とした打点は中日・ビシエドを抜いて同トップとなった。

 これまで両部門でトップを快走してきたが、前日まで2試合連続ノーヒットで同2位に転落。元木ヘッドコーチに「リラックスして打ってくれれば」とゲキを飛ばされていた。

 昨季まで巨人の巡回打撃コーチを務め、二軍監督時代には岡本を4番に固定するなど育成に尽力した内田順三氏は「一緒に戦ってきた者として何が何でも2冠を取って欲しいですね」とこう言った。

「岡本が打てない時は、バットが外回りしたり、ステップ幅が大きくなったり、大きく反動を取るようになることがあります。ただ、そういう感じはあまり見受けられない。初のタイトルなので、絶対に意識するはずで、それは仕方ない。プレッシャーというより、力みが出ているように見える。二、三塁間に内野手が3人守るシフトを敷かれることもありますが、岡本は引っ張り専門の打者ではありません。持ち味は逆方向へも大きな打球が打てること。きた球に逆らわず、センターから右中間方向へはじき返せるかどうか。と思っていたら、センター方向に一発が出たのはいい傾向です。安打や本塁打が欲しい状況になると、どの球種も追い掛けがち。最後まで好球必打を貫くことです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

  2. 2
    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

    セレブ経営者4人が緊急事態宣言中に集団ワイセツ 六甲山の別荘でやりたい放題の一部始終

  3. 3
    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

    満島ひかり&多部未華子の女優としての「賞味期限」…キムタクvs二宮“子弟対決”の明暗分ける

  4. 4
    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

    渋谷・道玄坂“日本最大級”のハプニングバーで行われていた酒池肉林の世界

  5. 5
    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

    日本最大級のハプニングバー摘発に疑問の声が…どこが犯罪になったのか?

もっと見る

  1. 6
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 7
    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

    安達祐実“完全別居”の真相は? 元ステージママの有里さんを直撃すると…

  3. 8
    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

    水卜麻美アナ「ZIP!」共演の局アナ男女熱愛に激怒!佐藤義朗アナの"チャラすぎ”素顔も火に油

  4. 9
    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

    エンゼルスのライバル球団がはじく「大谷翔平MVP効果」 観客動員苦戦で集客力を当てに

  5. 10
    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”

    島田紳助は芸能界に未練タラタラ? キッパリ引退した上岡龍太郎とは“彼我の差”