元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

植田直通の努力 ベルギーで守りもうまくなった実感がある

公開日: 更新日:

植田直通(セルクル・ブルージュ・DF・26歳)

「自分の得意なヘディングでチームを助けたい思いが強かった」。そう語気を強めたのは、10月のコートジボワール戦で決勝弾を叩き出した植田直通だ。11月のオーストリア遠征初戦・パナマ戦でも先発したが、次なる目標は定位置奪取である。

  ◇  ◇  ◇

 アギーレ元監督時代の2015年アジア杯でA代表に初招集され、約2年後の17年12月のE―1選手権で代表デビューを飾った植田。代表戦に出られない状況が長く続いた。

 18年ロシアW杯も出番がなく、森保日本発足後も主将の吉田麻也(サンプドリア)と若き新星・冨安健洋(ボローニャ)の厚い壁に阻まれている。

「代表に呼ばれている回数はかなり多いけど、足りない部分はたくさんある。DFとして目の前の相手に負けないこと、失点しないこと。その質を上げたい」と意気込むのもよく分かる。代表13試合・1得点というのは、6年近く代表にいる人間として納得いかないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  8. 8

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  9. 9

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  10. 10

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

もっと見る