元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

酒井宏樹「ポジティブな佑都君からいい刺激をもらってる」

公開日: 更新日:

酒井宏樹(マルセイユ・DF・30歳)

「本当に(空白期間が)長過ぎて日本代表活動自体が実感できなかった」

 約1年ぶりに10月の森保日本オランダ遠征に参加、コロナ禍の再開に喜びを噛み締めた。カメルーン戦のみの出場だったが、老獪なプレーを印象付け、同僚・長友佑都(34)との初共闘となったオーストリア遠征2連戦に弾みをつけた。

 酒井の2020年は浮き沈みの激しい時間になった。3月に左足首の骨片除去の手術、直後に新型コロナウイルス禍が拡大してロックダウンに見舞われ、フランスリーグは打ち切りが決定した。その間に30代に突入して迎えた新シーズン。日本代表の先輩・長友が移籍してきた。

「本当にモチベーション高くやっていますし、佑都君は特にポジティブなので、いつもいい刺激をもらっている。一緒にいられて光栄です」

 それは森保一監督も同じ。日本代表の左右のSBが同じチームでプレーしていれば、連係面のすり合わせもしやすくなる。前向きな環境の中、彼は今季に挑み始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  7. 7

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  10. 10

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

もっと見る