広島4位・小林樹斗 両親は怒鳴らずに“叱る”が子育ての方針

公開日: 更新日:

小林樹斗(投手・17歳・智弁和歌山高)=広島4位

 新品の野球道具を買うと、その日の夜は枕元に置いて寝るそうだ。「物を大切にする子です。小学4年くらいに買ったグラブもまだ捨てていないはずですよ」と、父・英樹さん(43)は言う。

 小林は和歌山県の美浜町で生まれ育ち、英樹さんもかつて通った地元公立の小・中学校に籍を置いた。松洋中時代、最後の大会までは2番手の投手。それが、智弁和歌山高では2年春のセンバツにベンチ入りを果たすと、準々決勝で明石商の中森俊介(ロッテ・2位)と投げ合い、さらには今夏に行われた独自大会を優勝。甲子園交流試合では151キロを計測し、プロから注目を浴びるまでになった。

 高校時代の飛躍の裏で、家庭環境も大きく変わった。

「3年前に“平屋”のマイホームを買ったんですよ。正直、階段とかいらないと思ったんです。年を取ったら大変ですし。だから10年以上前から『平屋に住みたい』とずっと思っていて。ついにその夢をかなえちゃいました。平屋は田舎だからできることなのかもしれませんね。ローンは……、生涯現役で働かないと(笑い)」(英樹さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る