友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

大谷は球団提示に近い金額で幕引きを図るべき意外な理由

公開日: 更新日:

 メジャーリーガーの年俸は大きく3つに区切られている。

 1つ目は「最低年俸期間」。3年目までの選手はどんなに凄い働きをしても、年俸は最低年俸(今年は57万ドル=6000万円)に据え置かれる。大谷翔平は1年目に二刀流で大活躍し、金額換算で2160万ドル(22億7000万円)相当の働きをしたが、年俸は最低年俸のままで多少手当が付いただけだった。同様に2年目は1360万ドル(14・3億円)相当の働きをしながら、最低年俸のままだった。

■大家は7倍の2・5億円

 2つ目の区切りは「年俸調停期間」で、4年目から6年目の選手が対象になる。この期間に入ると選手は年俸に不服を申し立てる権利を持つため、年俸が大幅に上昇する。日本人選手ではマイナーから這い上がった大家友和がこの期間に入って34万ドル(3600万円=当時の最低年俸)から約7倍の234万ドル(2・5億円)に上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る