「女子プロは百花繚乱」政岡としや氏が語る今季の見どころ

公開日: 更新日:

 多くのゴルフファンが待ち望んでいた女子の開幕戦。ゴルフに関する作品も多い漫画家の政岡としや氏も「今の女子ゴルフは百花繚乱。桜が咲いていますよ」と、今季の見どころをこう話す。

【写真】この記事の関連写真を見る(13枚)

「今大会は渋野日向子や19年賞金女王の鈴木愛(26)ら主要選手が軒並み出場している。そんな中、開幕戦2日目まで新顔の西郷真央がトップタイなのが実に面白い。近年の女子ゴルフは入れ代わり立ち代わり、毎年のように新しい選手が出てくる。去年は笹生優花(19)が8月のNEC軽井沢72ゴルフで初優勝し、次戦のニトリレディスも制覇した。次は誰が出てくるのか? コロナ禍の暗い時代だけに、華々しい女子プロの試合が見られるのは楽しみで仕方ありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る