大阪国際はゴール直前までPM先導…記録は無効ではないのか

公開日: 更新日:

 合点がいかない人は多いだろう。

 東京五輪マラソン代表はすでに決定。14日行われる名古屋ウィメンズマラソン(バンテリンドームナゴヤ発着)も注目は記録だけだ。最速のペースメーカー(PM)は、1キロ3分20秒(ゴールは2時間20分39秒設定)を刻み、招待選手の松田瑞生(25)が持つ、2時間21分47秒(日本歴代7位)の更新を狙う。東京五輪代表の鈴木亜由子(29)は左脚外側大腿二頭筋腱の炎症で欠場する。

 記録といえば、1月の大阪国際女子マラソンでは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大阪市の長居公園内を約15周(1周2・8キロ)するコースに変更された。周回コースでの実施は大会史上初めて。アップダウンがないコースで日本記録の更新が期待されたが、優勝した東京五輪代表の一山麻緒(23)は2時間21分11秒の大会記録をマークしただけ。野口みずきの持つ日本記録(2時間19分12秒=2005年ベルリン)を破ることはできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る