武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

男子マラソンの新星・鈴木健吾と大迫傑の対決は実現するか

公開日: 更新日:

 今年が最後になったびわ湖毎日マラソンで、鈴木健吾(富士通)が2時間4分56秒の日本記録をマーク。日本選手初の2時間4分台でびわ湖の有終の美を飾った。

 鈴木は神奈川大のエースとして活躍した社会人4年目。脚光を浴びたのが2016年秋、オランダの「7ヒルズ15キロ」だった。アフリカ勢と競り合う鈴木を見た澤木啓祐・元日本陸連専務理事が「次の箱根の2区区間賞は決まり」と太鼓判を押し、そうなった。

 小柄ながらリズムのいい力強い走りが特徴で、今回の記録達成には要因が2つ半ある。素質とコロナ、そして「半」は厚底シューズの効果だ。

■コロナ禍を吉に

 コロナ禍による自粛は選手たちの競技生活に影を落としている。大会はなく合宿できず、個人練習が主体。マラソンは日常練習の積み重ねだけに、独りで地道に努力できるかがカギ。鈴木の実直な性格が実を結んだ。「この一年、故障なくやってこれた」と、コロナ禍をマイペース維持に引き寄せ禍を吉に転じた格好だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

もっと見る