秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

広沢とユマに着くと午前中2時間の地獄のアップにビックリ

公開日: 更新日:

「大学の卒業式に出てから来ればいいから」

 土橋正幸監督率いるヤクルトドラフト1位で指名された明大の広沢克己(現・克実)と同2位の法大の私は、1月24日から始まっている春季キャンプに合流するため、10日ほど遅れて米アリゾナ州ユマへ向かった。

 東京からロサンゼルスまでは初めてのビジネスクラス。食事は豪華だし、シートは広い。映画も見放題で、プロに入ったと実感したものだ。

 が、国内線に乗り継いで驚いた。12人ほどしか乗れない小型のプロペラ機というか、少し大きなヘリコプターといった感じ。スチュワーデスはいないし、低空飛行で揺れるから怖かったが、隣の広沢は「この飛行機、小っちゃいな。ロサンゼルスまでは良かったのになあ……。せっかくプロに入ったのに、本当に大丈夫かよ~」と体が大きい割に泣き言が止まらない。1985年の2月になって、すぐのことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  6. 6

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  7. 7

    宮崎美子はビキニ→マクドナルドCMが話題に 枯れないアラ還女優たちの「攻めこそ勝機」

  8. 8

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  9. 9

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

  10. 10

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

もっと見る