秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

落合博満監督は性格が強過すぎる谷繁元信を買っていた

公開日: 更新日:

 2004年から8年間、中日・落合政権を支えた谷繁元信は、技術力の高い名捕手だった。

 配球面に性格が出た。谷繁は一度抑えても、次はマークしてくるだろうとさらに用心する。巨人小林誠司はここで打ち取れたから、また同じ攻めでいいだろうと考えてしまうところがあった。

■筑波大の大学院で研究対象

 私はヤクルトの現役時代、野村克也監督に捕手から外野に転向させられた苦い思い出がある。勉強し直したいと思い、中日のコーチ時代、オフ期間中に筑波大の大学院に通い、捕手の研究を行った。その後、BCリーグ群馬の監督や巨人でバッテリーコーチを務めるうえで、谷繁の技術は参考になった。

 しかし、性格が強過ぎるため、投手と衝突することがあった。捕手は投手に寄り添うタイプが多いが、「それは違うだろ」とはっきり言う。良く言えばリーダーシップがあり、悪く言えば強引。口調がきつく、指示通りに投げられない投手にキレることもあった。捕手コーチの私はこう諭したことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る