国内3大マラソンの2つが消滅…元陸連幹部の「嘆きと提言」

公開日: 更新日:

 3大大会のうち、2つが消える。

 1947年に「マラソンの父」と言われた金栗四三の功績をたたえる「金栗賞朝日マラソン」としてスタートした福岡国際マラソン選手権大会が、第75回の今年を最後に幕を下ろす。26日、主催の朝日新聞や日本陸連などの発表に陸上界には衝撃が走った。

■41%が10%割れ

 福岡国際は66年から国際陸連(現世界陸連)が、世界で唯一「選手権」を名乗ることを認めた大会で、過去には世界のトップランナーが多数参加。世界記録も2度(67、81年)生まれている。ソウル五輪選考会となった87年大会は中山竹通が独走優勝。平均視聴率は41%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)もあった。

「時代が違うとはいえ、昨年の視聴率は9.8%(同調べ)。スポンサー離れなどに悩む主催の朝日新聞は3年前から撤退を考えていたようです。昨年で特別協賛のマイナビなどの契約は満了したと聞いた。エリートランナーだけの大会なので広告代理店は大手のスポンサーも探せない。主催者は市民参加で実施されている福岡マラソンとの統合も考えたが、きついアップダウンがあったりと、もろもろの事情で実現せず、今年限りとなった」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  4. 4

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

もっと見る