松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

大相撲中継に見る…高齢化社会の実情ドキュメンタリー

公開日: 更新日:

 春場所の千秋楽、解説の北の富士と実況アナとのやりとり。

北の富士「だらしない大関どもだよ。千秋楽の結びの一番で、歓声もな~んもないシ~ンとした雰囲気はどうだい」

実況アナ「コロナで歓声自粛をお願いしてます」

北の富士「そうなの?」

 その結びの一番で、負けた正代もろとも土俵下に転げ落ちて頭を打って立ち上がれない立行司・式守伊之助に対して、

実況アナ「頭を打ったんじゃないでしょうか?」

北の富士「行司も鍛えなきゃダメだよ」

 実況アナ、ここで苦笑して黙ってどうすんだよ。

「ってことは、立行司の式守伊之助が、まもなく定年迎える老体に鞭打って、明日から土俵下に転げ落ちても大丈夫なように、稽古場でマワシ締めてテッポウ、四股、ぶつかり稽古、股割りをしなさいと?」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る