池江璃花子が描く自国開催の世界選手権で完全復活の青写真

公開日: 更新日:

 競泳の日本選手権(東京アクアティクスセンター)は9日、女子50メートル自由形準決勝を行い、すでに100メートルバタフライと自由形で優勝している池江璃花子(20=日大)が24秒87をマーク。全体1位で10日の決勝進出を決めた。決勝では日本水連が定めた五輪派遣標準記録の24秒46をクリアすれば、リレー2種目(メドレー、400メートル)に続き、個人種目での代表に内定する。

 2016年リオ五輪に続いてリレー代表に名を連ねる池江は「五輪は2度目なので、楽しみながらチームを引っ張るつもりでやりたい」と、本番を見据えているが、東京大会はあくまでも通過点に過ぎない。本人が「パリが一番の目標」と公言してきた通り、狙いは24年大会での表彰台だ。

 ただ、今大会の泳ぎっぷりを見る限り、得意とする自由形やバタフライで順調にタイムを上げてくるのは確実。今後も泳ぎ込みを続ければ、世界のトップレベルと対等にレースを繰り広げるのは時間の問題で、パリ五輪を前に完全復活を果たすことは決して不可能ではないだろう。

 来年は池江のモチベーションがさらに高まりそうだ。コロナ禍で1年延期になった世界選手権が福岡(5月13~29日=マリンメッセ)で開催されるのだ。東京五輪翌年の世界選手権への出場は池江にとってメリットは大きい。当初の目標であったパリ五輪を前に世界のトップレベルと競えば、大きな刺激となり、レース勘を取り戻すこともできる。何よりも、自国で開催される五輪に次ぐ格付けの国際大会で表彰台に上がれば、完全復活のアピールとなる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ