池江璃花子が描く自国開催の世界選手権で完全復活の青写真

公開日: 更新日:

 競泳の日本選手権(東京アクアティクスセンター)は9日、女子50メートル自由形準決勝を行い、すでに100メートルバタフライと自由形で優勝している池江璃花子(20=日大)が24秒87をマーク。全体1位で10日の決勝進出を決めた。決勝では日本水連が定めた五輪派遣標準記録の24秒46をクリアすれば、リレー2種目(メドレー、400メートル)に続き、個人種目での代表に内定する。

 2016年リオ五輪に続いてリレー代表に名を連ねる池江は「五輪は2度目なので、楽しみながらチームを引っ張るつもりでやりたい」と、本番を見据えているが、東京大会はあくまでも通過点に過ぎない。本人が「パリが一番の目標」と公言してきた通り、狙いは24年大会での表彰台だ。

 ただ、今大会の泳ぎっぷりを見る限り、得意とする自由形やバタフライで順調にタイムを上げてくるのは確実。今後も泳ぎ込みを続ければ、世界のトップレベルと対等にレースを繰り広げるのは時間の問題で、パリ五輪を前に完全復活を果たすことは決して不可能ではないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る