池江400mリレーも五輪代表 プロ転向で稼ぎ“瀬戸1億円”超え

公開日: 更新日:

 東京五輪の代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権(東京アクアティクスセンター)は8日、女子100メートル自由形決勝を行い、白血病から復帰した池江璃花子(20=日大)が53秒98で優勝し、100メートルバタフライと合わせて今大会2冠を達成。日本水連が定めた派遣標準記録(53秒31)は切れず、個人での代表入りはならなかったが、400メートルリレーの代表に内定した。

 メドレーリレーに続いて2種目で代表入りを決めた池江は「(タイムは)もうちょっと出したかったけど、新しいチームでリレーを組めてうれしい。ギリギリだったけど、目標を達成できてよかった」と話した。

 大病を克服しての今大会での躍進に国内はもちろん、海外メディアも注目。日本水連には国外のメディアから池江への取材依頼が殺到しているという。

 五輪の開幕を前に注目度は高まるばかりだが、池江はプロに転向しても成功を収めそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る