西村徳文
著者のコラム一覧
西村徳文野球解説者

1960年1月9日、宮崎県生まれ。右投げ両打ち。福島高(宮崎)、国鉄鹿児島鉄道管理局を経て、81年ドラフト5位でロッテ入団。プロ通算16年で首位打者1回、盗塁王4回。二塁と外野でそれぞれベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞。97年現役引退後、ロッテでヘッドコーチなどを歴任し2010年監督就任。1年目にリーグ3位から日本一を達成した。16年からオリックスでヘッドコーチ、19年から監督を務め、昨季限りで退団。

金田正一監督からもらった1500万円相当のサファイアの指輪

公開日: 更新日:

「チームのMVP賞はサファイアの指輪だ!」

 1990年の開幕前、監督に復帰した金田正一さんは、選手全員の前でこう宣言した。

 チームの勝利にいかに貢献するか、日々考えながらプレーした結果、打率・338で首位打者を獲得することができた。シーズン終了後、金田さんから直々に、指輪をいただいた。マスコミは当時、時価1500万円と報じていた。実際、手に取って見ると、サファイアの周りにはダイヤが施され、とても立派なもので、もらってすぐに妻にプレゼントした。

 金田さんは就任直後に、「ワシの夢は高橋(慶彦)と西村で年間100盗塁すること。2人で盗塁王を争ってほしい」と話した。前年秋、広島からトレードでやってきた慶彦さんとともに、期待を寄せてくれていることはひしひしと伝わってきた。89年に就任した選手会長も継続。30歳を迎え、チームに年上の選手が少なくなる中、ヘッドコーチの徳武定祐さんとチームのことについて何度も会話を重ねた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  9. 9

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る