山本和範さん“不屈の男”は北九州市で「館長」として貢献中

公開日: 更新日:

山本和範さん(63歳/元プロ野球選手)

 野球ファンからは“不屈の男”と尊敬の念で呼ばれた。一時、登録名をカズ山本にしていたこともある、80~90年代を代表する名スラッガーだ。だが野球人生は波瀾万丈。2度の戦力外通告を受けながらその都度復帰し、努力を重ねて2億円プレーヤーに輝いた。オールスターMVP2回、プロ最終打席で決勝本塁打を放ったのも話題となった。球界に大きな足跡を残して引退は99年。さて、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「ここの館長に就任したのが2001年11月16日の開館時でしたから、今年で丸20年になりますね。非常勤ですが、イベント前と開催時のマスコミ対応、スポンサー企業への挨拶、そして小学生を対象にした野球教室開催。子どもたちを教えるのは、本当に楽しいし元気をもらえます。アハハハ」

 山本さんに会ったのは福岡県北九州市。JR鹿児島本線・黒崎駅に隣接する市立「子どもの館HOW!?」の館長室だった。

「本当は今月29日にも3月に続き野球教室を行う予定でした。でも12日、福岡県内に緊急事態宣言が出たものですから、施設自体が今月末まで休館。残念ながら、教室もしばらくお預けです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至