原巨人が深刻なソフトBアレルギー 大敗トラウマの克服遠し

公開日: 更新日:

 まるで、録画映像を見ているようだった。

 巨人は28日のソフトバンク戦で3―9で大敗。昨年、一昨年と日本シリーズで2年連続4タテを喫した強敵相手に、オープン戦を含め13連敗となった。

 先発した畠がバレンティンら3人に一発を浴び、三回までに5失点。原監督も、こりゃたまらん、とばかりに四回の守りから捕手の大城を含めてバッテリーごと交代するも、続く桜井、岸田のバッテリーもことごとく打ち込まれた。畠は昨年の日本シリーズ第4戦で柳田、甲斐に被弾するなど、2回途中4失点でKOされ、「とにかく攻めていきたい」と臨んだリベンジマッチだったが、パワー勝負に屈した。

 打線も、中島が本塁打を含む3安打と気を吐いたものの、ウィーラー、岡本ら中軸が無安打では打つ手ナシである。

 巨人のソフトバンクへのアレルギーは深刻だ。前カードの楽天戦に勝ち越し、原監督も「黙って勝負する」としていたが、またも力負け。試合後は「全て監督である私の責任」と声を絞り出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  3. 3

    大阪市の消防士が4軒ハシゴして警察沙汰に…市消防局の言い草と開き直り

  4. 4

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  5. 5

    鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感

  6. 6

    元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か

  7. 7

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  8. 8

    東京五輪の会場外あちこちに「密」が…“裏口観戦”クラスター発生危機に組織委お手上げ

  9. 9

    郷ひろみ“前期高齢者”でも超元気の秘訣 歌手デビュー50周年で555曲サブスク解禁

  10. 10

    河野担当相「ワクチンだけでは難しい」と白旗! デルタ株“ブレークスルー感染”の猛威

もっと見る