山口すず夏
著者のコラム一覧
山口すず夏プロゴルファー

2000年8月2日生まれ、神奈川県相模原市出身。160センチ、A型。7歳からゴルフを始め、15年「全米女子オープン」日本地区予選会2位。日本人史上最年少14歳でメジャー出場。18年「豪州女子アマ」で日本人初優勝。同年米女子ツアー最終QT36位資格で出場権を獲得。18歳でプロ転向。米ルーキーイヤーの昨季は賞金ランク150位。2年目の今季は初優勝を目指す。得意クラブはパター。環境ステーション所属。

予選落ちが続いていますがクヨクヨしていられない

公開日: 更新日:

 先週の「LPGAメディヒール選手権」は今年6度目の予選落ち。一度も決勝ラウンドに進めていません。もちろん獲得賞金もありません。

 父ヒロユキが久しぶりにキャディーバッグを担いでくれて、「曲がってもいいから思い切りクラブを振ろう」というテーマで試合に臨みました。

 ところがインパクト前に力みが出てしまうのか、「全然振れていない」と父から指摘されました。

 原因は、昔からの癖でもある左サイドのつまりです。自分では意識しているのですが、インパクトで手元が浮き上がってしまい、右にも左にもミスが出てしまう。5月の「ピュアシルク選手権」以降は、右腰から左腰までビジネスゾーンでのスイング軌道の安定に取り組み、練習ラウンドではパープレーで回ることができます。ところが、いざ試合が始まるとプレッシャーなのか、うまくいかない、という繰り返しです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  6. 6

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  9. 9

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

  10. 10

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

もっと見る