宮城大弥は7年ぶりオリ首位の立役者 なのに五輪落選のナゼ

公開日: 更新日:

 勢いが止まらない。

 オリックスの2年目左腕・宮城大弥(19)が20日、楽天との首位攻防戦に先発。8回無失点の好投でリーグトップタイの7勝目(1敗)を挙げた。チームは首位の楽天と同率で並び、2014年7月以来、7年ぶりに首位に浮上。

■新人王争いの早川に投げ勝ち同率首位浮上

 新人王獲得を目標に掲げる宮城は、タイトルを争う早川(早大)との投げ合いを制しただけでなく、同僚投手でパの投手3冠(勝利、防御率、奪三振)である山本の成績にも肉薄。パの「二枚看板」に成長しつつある。

 そんな19歳はしかし、東京五輪の日本代表メンバーから外れた。実績こそ田中(楽天)、菅野(巨人)らに劣るものの、成績では上回っているにもかかわらずだ。

 宮城はU15、U18でメンバー入りするなど、アマ時代から日本代表の常連。19年のU18では中継ぎとして防御率1.04をマークした上に、打者でも打率.375とフル回転した。先発、リリーフをこなせるように、大舞台でも実力を発揮できる下地はある。

 稲葉監督は、菅野らについて「1カ月あるので、調子を上げてくれると信じている」と言っているが、メンバー交代はまだ可能。今からでも宮城を代表に呼んだらどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  5. 5

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  6. 6

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る