インド五輪委が組織委にケチ 居丈高増長の陰にIOCの傲慢

公開日: 更新日:

「五輪のため」と言えば、何でも通ると思っているようだ。

 19日、突如として東京五輪・パラ組織委員会に非難の矛先を向けたのが、インドオリンピック委員会(IOA)だ。

 新型コロナの変異株のひとつである通称“インド株”。インド国内の感染者は減少しつつあるとはいえ、それでも1日平均6万人以上。イギリスでもインド株が猛威を振るい、6月17日には新規感染者が今年2月以来となる1万人を数えたほどだ。

 そうした事情もあり、東京五輪組織委員会は感染対策を強化。インドをはじめ、変異株が猛威を振るう国の選手は、入国後3日間、練習試合や外部との接触を禁止する方針だ。

 これにIOAは「差別だ!」と激怒。「選手が入国できるのは5日前。しかも3日間が無駄になる。これでは調整ができず、不公平だ」と、拒否反応を示している。IOAは5月、東京五輪の取り組みを「素晴らしい。組織委員会を支援するため、全力を尽くしたい」と絶賛していたが、とんだ手のひら返しである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    東京五輪でスケートボード金メダル連発の快挙!「ボーダー=腰パン不良」のイメージ一掃

もっと見る