渋野93位T発進で五輪へ正念場…尾を引く19年の米ツアーメンバー登録見送り決断

公開日: 更新日:

【全米女子プロゴルフ選手権】第1日

 東京五輪ゴルフ競技の日本代表2枠目を決める、最後の対象試合であるメジャー大会に出場した渋野日向子(22)は初日、1バーディー、5ボギーの76で回り、4オーバー・93位タイ発進だった。

 すでに代表決定の畑岡奈紗(22)は3オーバー・75位タイ。フィリピン代表で五輪に出場する笹生優花(20)は1オーバー・39位タイにつけた。

 前回リオ五輪の女子メダリスト3人(金=朴仁妃、銀=L・コ、銅=フォン・シャンシャン)は、いずれもメジャータイトルホルダーだった。経験と実績が大舞台で生きた。

 2019年に全英女子オープンに勝った渋野はいま、世界ランクでは稲見萌寧(21=25位)、古江彩佳(21=28位)につぐ日本勢4番手の31位と代表入りには厳しい状況だ。

 それでも「まだ(五輪出場の)チャンスはある。頑張る」(渋野)と前向きで、可能性は低いが今大会でメジャー2勝目を挙げたら文句なし。単独2位以上でも、稲見、古江を逆転し代表入りとなる。

長期ビジョンを持つ笹生とは大違い

 その渋野は現在、米女子ツアーに長期参戦中であり、メンバーカード取得に向けて必死に戦っている。今季のメジャーは「ANAインスピレーション」「全米女子オープン」とも予選落ち。6試合に出場してトップ30が一度もなく成績は低迷している。

「本来、2019年の全英女子オープンに勝った直後に、米女子ツアーにメンバー登録できるチャンスがありながら、海外の長距離移動や、英語も話せないからストレスになる、という理由で見送った。メジャーに勝ちながら、プロとしての明確な長期ビジョンがなかったのだと思います。その点、笹生は全米女子オープンに勝つと、『家族と相談して決める』と言い、すぐにメンバー登録を済ませて5年シードを手にした。笹生は小さい頃から将来は米女子ツアーで戦う目標を持っていた。一方、渋野は自身もビックリのメジャー勝利に戸惑い、日本ツアー専念を決めて米国行きを先送りした。その後に、『やはり米女子ツアーで戦いたい』と方向転換し、苦戦している」(ツアー記者)

 後悔は尾を引いている――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  6. 6

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る