ライバル不在が招く白鵬の“永世横綱” 土俵のレベルダウンが名古屋場所でもハッキリ

公開日: 更新日:

 自称「大横綱」の笑いが止まらない。

 19日、優勝一夜明け会見で喜びを口にした白鵬(36)。

「場所前は引退の2文字が近づいていたので、今まで以上に自分を奮い立たせた」と話し、今後の進退については「それは僕が考えることじゃないんで。周りが進退と言ったら進退」と続けた。

 横綱の進退は基本、横綱自身が決めるというのが角界の常識。白鵬の弁は開き直りにしか聞こえないものの、その気持ちもわからないでもない。

 今回の名古屋場所は6場所連続休場と手術明けにもかかわらず、無人の荒野を行くがごとし、全勝で45回目の優勝を決めた。

 ある角界OBは「今の力士は素直すぎる」と、こう続ける。

「衰えてきたとはいえ、相手は土俵の第一人者たる横綱です。挑戦者は張り手、ぶちかまし、かち上げ、変化とどんな手を使ってでも勝ちに行くべき。変化なんて食らう方が悪い。それを今の力士は横綱にわざわざ真正面から攻めて負けに行く。立ち合いで徳俵まで下がった7日目の翔猿は、まだ頭を使った方です。かつては出羽海一門が力士、親方衆総出で双葉山の相撲を研究して、連勝を止めた。今は親方衆もただ『前に出て攻めろ』くらいしか指導していない。『違反でなければ、勝つためには何をしてもいい』と思っている白鵬に勝てないのは当然です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  7. 7

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  8. 8

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

もっと見る