巨人新助っ人アンドリースに過度の期待は禁物 「そこそこ」がメジャー28勝右腕の実力

公開日: 更新日:

 巨人は17日、前マリナーズのマット・アンドリース投手(32)と来季の契約に合意したと発表した。単年契約で年俸は200万ドル(約2億2600万円)。

 身長188センチの右腕は今季、レッドソックスとマリナーズに在籍し、計34試合に登板して2勝3敗1セーブ、防御率5.21。2018年オフに日米野球のメンバーとして来日。エンゼルス時代は大谷のチームメートだった。大リーグ通算は28勝37敗8セーブ。先発、中継ぎの経験があり、まずは先発争いに加わる方針だ。アンドリースは球団を通じて「東京には日米野球で訪れたことがあります。ファンの皆さまやチームメートに会えることを非常に楽しみにしています。いいシーズンを送れるよう、そしてチームの優勝のために全力を尽くします」とコメントした。メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言う。

「コントロールはまずまず良くて、インステップ気味に踏み込んでムービングボールを投げるのが特徴。カーブ、カットボール、シンカー、ツーシームなどを駆使して打者の芯を外し、ゴロアウトを取るタイプですが、直球の平均は球速148キロほど。体格のわりに特筆したスピードはありません。投球の3割以上を占めるチェンジアップが武器とされますが、今季の被打率は.304だから、決め球というほどでもない。全てがそこそこというか、これといった特徴がない。何回か対戦して相手が慣れてくるとつかまってしまうケースが多かった」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?