全国男子駅伝中止は妥当な判断…大ピンチ!3.6開催の東京マラソン“再々延期”か

公開日: 更新日:

 賢明な判断だ。

 日本陸連は12日、今月23日に広島で開催される予定だった全国都道府県対抗男子駅伝競走大会の中止を発表した。広島県内では今年に入り、新型コロナの感染が急激に拡大。12日の新規感染者は652人と確認された。

 今大会はコロナ禍により、2年連続で中止となったが、女子の大会は16日(京都)に開催予定だ。

 公道で行われる駅伝やマラソンは沿道の応援が問題になる。東京五輪のマラソンや正月の箱根駅伝を見てもわかるように、コロナ感染の拡大防止のため観戦自粛が呼びかけられても、多くの人が集まり密になる。

 オミクロン株は流行の第5波を引き起こしたデルタ株に比べ、重症化リスクは低いとされているものの、感染力は2~4倍といわれている。これまでの感染対策で防御できていた人も、ウイルスが体内に侵入する可能性が高い。

 そんな状況に不安を抱えているのが、東京マラソンの参加者だろう。2020年は新型コロナの影響により、一般参加者は走れず、エリートと車いすエリートのみの開催だった。昨年もコロナ禍が収束せず、3月から10月に開催が延期されたが、東京都に発令された緊急事態宣言の延長により、今年3月6日に再延期された(今年の大会は東京マラソン2021となる)。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジェシカ容疑者は“夜の女王”…美人ハーフ道端3姉妹の奔放すぎる行動と素顔

    ジェシカ容疑者は“夜の女王”…美人ハーフ道端3姉妹の奔放すぎる行動と素顔

  2. 2
    侍J王座奪還も栗山監督に退任報道 その裏で浮上する後任候補3人…王貞治氏“推し”は?

    侍J王座奪還も栗山監督に退任報道 その裏で浮上する後任候補3人…王貞治氏“推し”は?

  3. 3
    芦田愛菜、谷花音、鈴木福、本田望結…高学歴が話題の元子役たち“評価真っ二つ”のナゼ

    芦田愛菜、谷花音、鈴木福、本田望結…高学歴が話題の元子役たち“評価真っ二つ”のナゼ

  4. 4
    WBC連覇逃した米国のやりたい放題! カネ・ルール変更・身内の審判…その先に見据えるもの

    WBC連覇逃した米国のやりたい放題! カネ・ルール変更・身内の審判…その先に見据えるもの

  5. 5
    年金積立金200兆円消滅危機…米銀2行破綻でGPIFが巨額損失か? 9カ月で赤字7.3兆円

    年金積立金200兆円消滅危機…米銀2行破綻でGPIFが巨額損失か? 9カ月で赤字7.3兆円

  1. 6
    侍J守護神・大勢は堂々のメジャー宣言…“品評会”で評価上昇の巨人勢、原監督は内心複雑か

    侍J守護神・大勢は堂々のメジャー宣言…“品評会”で評価上昇の巨人勢、原監督は内心複雑か

  2. 7
    道端ジェシカ容疑者“泳がせ逮捕”はMDMA常習だからか…元麻取は「売人」の可能性も指摘

    道端ジェシカ容疑者“泳がせ逮捕”はMDMA常習だからか…元麻取は「売人」の可能性も指摘

  3. 8
    衆院山口4区補選“安倍後継”吉田真次氏の勝利に黄信号…昭恵さんのひと言に林派が激オコ

    衆院山口4区補選“安倍後継”吉田真次氏の勝利に黄信号…昭恵さんのひと言に林派が激オコ

  4. 9
    「シン・仮面ライダー」浜辺美波は美貌が“足かせ”に…先輩・長澤まさみに演技で迫る日は?

    「シン・仮面ライダー」浜辺美波は美貌が“足かせ”に…先輩・長澤まさみに演技で迫る日は?

  5. 10
    侍J“メンタル安定剤”のダルビッシュ 3試合5失点だからこそ自己最多超えの「20勝」まであるぞ

    侍J“メンタル安定剤”のダルビッシュ 3試合5失点だからこそ自己最多超えの「20勝」まであるぞ