巨人オーナー「日本一」「若手育成」厳命も原監督では困難なワケ…OB高橋善正氏が苦言

公開日: 更新日:

 巨人は21日、都内のホテルでスタッフ会議を行った。山口寿一オーナー(64)は「新しいジャイアンツをつくりながらペナントを奪回していく。日本一を取る一年になる。今年は若手の底上げが特に大事。原監督に託しました」と話し、「原監督にお願いしたのは、勝ちながら育てるということ。選手はやはり、試合に出てもらって、厳しい場面に立ってもらって育っていくということになるでしょうから」と2年ぶりのリーグ優勝奪回と2012年以来の日本一、さらに若手育成を厳命した。

「難しい課題ですね」と巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)がこう続ける。

「原監督は、例えばカウントの途中で投手を交代させたり、その試合に勝つために最善を尽くすことに関しては、非常にたけた監督。ただ、これと決めた若手を我慢強く起用するタイプではない。プロの世界の『育成』とは、ああだこうだと教えることではなく、『抜擢』『起用』だと思っています。豊富な戦力を背景に実績を重ねてきた原監督は、昨年も投手起用や猫の目打線で選手をとっかえひっかえした。その結果が借金1の3位。要は選手を信頼し、使い続ける胆力が原監督にあるか。昨年のままでは、日本一も育成も難しいでしょう」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?