福岡国際マラソン「復活」にこれだけの疑問 昨年終幕のはずが…なぜ?

公開日: 更新日:

 昨年の75回大会を最後に幕を閉じた福岡国際マラソンの「復活」が決まった。

 1947年創設のこの大会は数々の名勝負が繰り広げられてきたが、近年はトップ選手の出場が激減。テレビ視聴率が低下し、財政難に陥った。一方、最近は一部のエリート選手だけでなく、数万人規模の市民参加型レースが主流になってきた。こちらはマラソンブームに乗り、「参加料」という安定収入が見込めることが大きい。

 福岡の市民マラソンといえば、福岡市と糸島市が主催する11月の福岡マラソンがある。新たな福岡国際はこの大会と統合せず、従来通り男子のトップ選手のみの参加となる。大丈夫なのか?

 実業団OBが言う。

「実業団のトップ選手が福岡国際にソッポを向くのは、約1カ月後に、実業団が最も力を入れる元日の『ニューイヤー駅伝』があるからです。監督も、選手を走らせたくないのが本音です。開催月を変更できないなら、ニンジン(高額賞金)をブラ下げるしかないでしょう」

 国内の二流選手しか出てこないなら、海外選手がいる。先日の東京マラソンは世界記録保持者で五輪2連覇のキプチョゲに1億円ともいわれる出場料を払って招待し、自身が持つ世界記録(2時間1分39秒)に迫る異次元の走り(2時間2分40秒)が注目された。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき