全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

公開日: 更新日:

【全米プロゴルフ選手権】第2日

 6人が出場した日本勢で、予選を通過したのは松山英樹(30)と星野陸也(26)の2人だけ。カットラインギリギリながらともに通算4オーバー、144の64位だった。香妻陣一朗は6オーバーで89位、稲森佑貴は8オーバーで105位、木下稜介は11オーバーで123位、金谷拓実は13オーバーで135位に終わり、予選落ちとなった。

 木下稜介(30)は初日、「全然通用しない」と白旗をあげたが、それも当然だ。1936年オープンの会場は、なだらかな丘につくられたクラシックなコース。前回開催(2007年)より距離は約400ヤードも長くなった。バミューダとフェスキュー芝がミックスされたラフは短く、グリーンを狙うこともできるが、小さな砲台グリーンに止めることは難しい。アンジュレーションもきついし、ガードバンカーは深い。2日目は昼過ぎまで強い風も吹いた。

 ゴルフライターの吉川英三郎氏がいう。

「今の米ツアーにはドライバー飛距離が310ヤード以上の者が20人いるが、これはあくまでデータであって、実際には330ヤード以上飛ばす者も少なくない。5番ホールは656ヤード(パー5)もありますが、逆風でなければ2打でグリーンに乗せる選手もいる。ビッグドライブでゴルフ界に衝撃を与えたウッズの全時期と比べてゴルフが大きく変わり、コースセッティングも難しくなった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾