大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(28)が日本時間16日のマリナーズ戦に登板し、6回を1本塁打含む7安打2失点8奪三振。メジャー5年目にして初めてツーシームを投げて球種を増やしたが、11勝目(7敗)はならなかった。

 投球イニングは117とし、再び規定投球回に到達。勝ち星(8位タイ)、奪三振数165(3位タイ)、奪三振率12.69(1位)でア・リーグ投手部門上位につけており、サイ・ヤング賞候補にも名を連ねているものの、意外な泣きどころが判明した。

 この日は六回に今季12個目の暴投を記録し、これはメジャーワースト。今季の大谷は開幕からスプリットの制球に苦しみ、他の変化球も抜けるケースが多く、暴投が増えたようだ。

■メジャーワーストのワイルドピッチ

 しかし、大谷のワイルドピッチが多いのは本人の制球難だけが原因ではない。今季19試合バッテリーを組んでいる正捕手スタッシ(31)の拙守にも足を引っ張られている。メジャー5年目のスタッシはキャッチングに難があり、特に今季は捕球ミスが目立ち、パスボール7個はアストロズのマルドナド(8個)に次いでリーグワースト2位。大谷の登板時には2個のパスボールを記録している。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも