組織委元理事・高橋治之容疑者逮捕でハッキリ…2030年札幌五輪招致も電通支配の現実

公開日: 更新日:

 東京五輪2020で組織委員会の理事を務めた高橋治之氏(78)が汚職事件で逮捕され、改めてクローズアップされているのが大手広告代理店の電通の存在だ。

 逮捕容疑は、大会スポンサーだった紳士服大手「AOKIホールディングス」から計5100万円の賄賂を受け取ったとする受託収賄だが、ほかにも電通元専務の高橋容疑者が代表を務める会社に、AOKI側から約2億3000万円もの資金が古巣電通の関連会社を通じて渡ったことも明らかになっている。

 疑惑は底なしだが、スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏は「東京大会そのものが電通のための五輪と言っていい」とこう続ける。

「東京五輪の招致を巡っては、関係者や日本企業100社以上を集めてパーティーを開催したが、その主催も電通。組織委には150人以上もの電通社員を送り込み、IOC(国際オリンピック委員会)との調整役も担っていた。五輪を完全に掌握していたといえます。森喜朗元組織委会長も『電通に任せるしか手はない』『そのためには高橋氏を理事に据えることでうまく機能する』と考えた。AOKIの問題は氷山の一角です。電通が繰り広げてきたマネーゲームのごく一部に過ぎません」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声