元サッカー日本代表監督・二宮寛氏が選手に贈る言葉「失敗してもいいから闘い続けろ!」

公開日: 更新日:

二宮寛(元日本代表監督)

 一大決戦が刻一刻と近づいてきた。20日に開幕するカタールW杯。森保ジャパンは、日本時間23日午後10時キックオフのE組初戦のドイツ戦に臨む。優勝回数は王国ブラジルの最多5回に次ぐ4回。難敵を相手にどんな戦い方を挑んで勝機を見いだせばいいのか、ドイツサッカーの強さの神髄とは何なのか、「ゲルマン魂」とは何を意味するのか--。三菱重工サッカー部(現J1浦和)監督時代の1968年にドイツ(当時西ドイツ)に渡り、ボルシアMGで采配を振っていた希代の名将ヘネス・バイスバイラーの薫陶を受け、ドイツサッカーの強さを知り尽くしている元日本代表監督に聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ──ドイツ代表の強さを表現するのに「ゲルマン魂」という言葉を耳にする。一般的には「最後の最後まで諦めない不撓不屈の精神」といった意味合いで使われている。 

 サッカー人として、欧州三菱自動車の社長として、長く欧州で暮らしましたが、そのゲルマン魂という言葉自体は、ただの一度も聞いたことがありません。日本の大和魂と対をなすように使われていると思いますが、言葉そのものは存在しないということになります。ただし、ゲルマン魂に相当する「ドイツサッカーの神髄」については、かの地で何度も目の当たりにしました。ドイツサッカーの強さを言葉にして表すと「汗をもう一滴垂らしたら死んでしまうかも知れない」という極限まで戦い続けることであり、徹底して勝利にこだわるメンタリティーは「2位に甘んじることは永遠の敗者を受け入れることを意味する」という言葉に収斂されるでしょう。このことは、今から54年前にドイツで出会った名将ヘネス・バイスバイラーの<息子>として彼の日々の言動から学んだことなのです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由