元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

10番・南野拓実はカナダ戦で定位置奪回に燃える 欲しいのはゴールに直結する結果だ

公開日: 更新日:

11月15日

 三笘薫を除く25人がドーハに集合した15日。日本代表はW杯壮行会に参加した後、非公開で調整した。冒頭のランニングに脳振とうの遠藤航と左ふくらはぎ違和感の守田英正の姿はなし。日本の鉄板ボランチが揃って17日のカナダ戦(ドバイ)を欠場する可能性が高まった。「ケガ人とか多いですけど、ネガティブな要素を忘れて開き直って戦うことが大事」とエースナンバー・背番号10をつける南野拓実はプラス思考の重要性を強調。森保日本発足時から4年間、走り続けてきた責任と経験値を出し切る構えだ。

 三笘、遠藤、守田と主力級がアクシデントに見舞われ、カナダ戦で本番の予行演習ができなくなった日本。「次の試合はいろんなことを試すチャンス。最後の新たなオプションを持ついい機会になる」と遠藤はこの日話したが、森保一監督はボランチの編成を含め頭を悩ませているはずだ。

 FWの軸が固まっておらず、13日のリーグ戦でフル稼働した鎌田大地伊東純也に無理はさせられない。テスト色の強い構成になりそうだ。

 逆に言えば、控えに甘んじていた面々にとっては千載一遇の好機。9月欧州遠征でトップ下・鎌田の控えに位置付けられた南野は、定位置奪回に燃えているはずだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」