涌井秀章19年目の新天地で見えてくる「通算200勝・50歳現役」 中日本拠地は投手有利

公開日: 更新日:

 19年目のシーズンを新天地で迎えることになった中日涌井秀章(36)が、千葉県館山市で行っている自主トレを公開。「開幕から先発ローテーションに入って一度も外れずに投げることと優勝が目標」と宣言した。

 オフに楽天から阿部との交換トレードで移籍した右腕には、それとは別にかねて公言する目標がある。残り46勝としている「通算200勝」と「50歳までの現役」である。どちらも達成は容易ではないが、「少なくとも中日に移籍したことで、その可能性は広がったと思う」と評論家の橋本清氏がこう続ける。

「周知の通り、中日の本拠地・バンテリンドームナゴヤは12球団で最も本塁打が出にくい投手有利の球場として知られています。例えば、昨季のバンテリンで出た本塁打数は62試合で56本に対し、涌井の古巣である楽天の本拠地・楽天生命パークは同じ62試合で93本。投手にとってこの差はとてつもなく大きく、マウンドで感じるプレッシャーがまったく違ってくる。

 涌井は現役最多の通算60完投を記録するタフネスぶりが持ち味のひとつで、6月で37歳になる今も変わらず『先発完投』を意識しているとはいえ、中日が誇る強力リリーフ陣も心強い。昨季の中日の救援防御率は12球団4位の2.93と盤石で、楽天は3.03。攻撃力に不安を抱える中日打線からの援護という点では割り引いて考える必要はありますが、投手寿命に与える影響は球場の広さとブルペンの戦力というプラス面の方が大きい」

 中日には、50歳まで現役で投げた山本昌という前例もある。

 涌井の獲得を巡っては多くのファンから、「貧打解消が課題の中日がなぜ、中軸打者の阿部を放出して投手の涌井を獲得?」と疑問の声が上がったが、本人にとってはいいことずくめの移籍になりそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    平野紫耀はタッキー新会社に? キンプリ永瀬廉と高橋海人“2人体制”番組続々発表にファン動揺

    平野紫耀はタッキー新会社に? キンプリ永瀬廉と高橋海人“2人体制”番組続々発表にファン動揺

  2. 2
    中村倫也&水卜アナ“新婚公開のろけ”が「ほっこり」から「さすがにくどい」に変わった瞬間

    中村倫也&水卜アナ“新婚公開のろけ”が「ほっこり」から「さすがにくどい」に変わった瞬間

  3. 3
    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

  4. 4
    ガーシー容疑者側が地元警察に「オカン」の警護要請 ガサ入れ痛烈批判の裏に見るツラの皮

    ガーシー容疑者側が地元警察に「オカン」の警護要請 ガサ入れ痛烈批判の裏に見るツラの皮

  5. 5
    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

  1. 6
    NHK武田真一、朝日ヒロド歩美が局退社へ…2人を待ち受ける“フリーアナ戦線”の苛烈

    NHK武田真一、朝日ヒロド歩美が局退社へ…2人を待ち受ける“フリーアナ戦線”の苛烈

  2. 7
    氷川きよし“Kiina”正式改名と独立復帰を阻むもの…支えてくれた母へ故郷で親孝行の日々

    氷川きよし“Kiina”正式改名と独立復帰を阻むもの…支えてくれた母へ故郷で親孝行の日々

  3. 8
    バウアーが右肩の張りで“案の定”実戦登板先送り DeNA加入はもしや「メジャー復帰」へのリハビリ?

    バウアーが右肩の張りで“案の定”実戦登板先送り DeNA加入はもしや「メジャー復帰」へのリハビリ?

  4. 9
    JGTO青木会長「あと1年やらせてもらいます」の舌足らず…“クーデター仕掛け人”は退場、空中分解の男子ゴルフ

    JGTO青木会長「あと1年やらせてもらいます」の舌足らず…“クーデター仕掛け人”は退場、空中分解の男子ゴルフ

  5. 10
    西武・源田壮亮やはり無念の離脱…松井監督も苦悩する「WBC制覇」の大きすぎる代償

    西武・源田壮亮やはり無念の離脱…松井監督も苦悩する「WBC制覇」の大きすぎる代償