著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

大阪桐蔭はセンバツ連覇ならず…それでも今夏の本命は変わらない

公開日: 更新日:

 やっぱりここまでか、というのが正直な感想だ。

 昨秋の明治神宮大会を制し、今センバツも優勝候補筆頭だった大阪桐蔭が3月31日、準決勝の報徳学園(兵庫)との関西対決に破れ、センバツ連覇はならなかった。

 大阪桐蔭は三回に連打で5点を先制したものの、その裏に2失点、七回にも3失点で同点。八回に2点を勝ち越された。エース左腕の前田悠伍は七回途中から2番手としてマウンドへ上がったものの、2回を投げて3安打2失点と報徳打線に捕まった。大阪桐蔭の5点差の逆転負けは、春夏の甲子園を通じて初めてだったそうだ。

 今秋のドラフト1位候補といわれる前田だが、危ないなと思っていた。現地で見た明治神宮大会と今センバツで感じたことは、得意のチェンジアップなどの変化球に頼り過ぎるあまり、直球に今ひとつ球威がないことだ。夏までに直球を磨き直さない限り、ドラフト1位は難しいと言わざるを得ない。

 とはいえ、夏の大会も大阪桐蔭が本命であることに変わりはない。毎年のことだが、今年も新1年生に前評判の高い「スーパー中学生投手」が入学する。中学の軟式野球関係者に聞くところによると、宮崎出身で長身(187センチ)から軟式球でMAX143キロの速球を投げ込む本格派右腕。しなやかなフォームからカーブ、カットボール、スライダーなど多彩な変化球も操ることができる。同関係者が「3年後のドラフト1位候補」と言うほどの逸材だそうだ。さらに他校がうらやむ全国トップクラスの野手数名も入学予定。今夏には大阪桐蔭の「スーパー1年生」が躍動しているかもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで