世界各国にこれだけの「サッカー女子代表はつらいよ」…男子のクレージーさとは全く別物

公開日: 更新日:

 ボンジーア! みなさん、お久しぶり! ブラジルのリカルドです。

 昨年のカタールW杯では現地からクレージーなネタをお伝えしたけど、覚えてくれているかな? さて、今月20日から今度は女子のW杯がオーストラリアとニュージーランドで開催される。もちろんボクも現地に飛ぶよ。なんてったってW杯はいつもクレージー。行かないわけにはいかないだろ? ただ、男子のクレージーさと女子のそれとは全く別物なんだ。 (文=リカルド・セティオン、訳=利根川晶子)

 女子のW杯はこれで9回目になるけど、今回は最も大掛かりなイベントになりそうだ。参加国はなんと史上最多の32(前回は24、2011年までは16)。そして賞金も前回19年大会の3000万ドル(約43億円)から1億1000万ドル(約158億円)と3倍になった。

 27年までには全てを男子W杯並みに! ってFIFAのインファンティーノ会長は意気込んでいる。19年大会はこれまでで最高の視聴率だったし、21-22シーズンの欧州女子CL準々決勝のバルセロナ対Rマドリードの女子エル・クラシコなんて9万人がスタジアムを埋め尽くした。今シーズンの同トーナメント後半は毎試合満員御礼だったんだ。

「よし、これはいけるぞ」とFIFAは思っただろうね。男女の格差をなくす。もちろんそれはすごくいいことだ。だけど、フタを開けてみると、世界の女子サッカーの現状はFIFAが思うほど発展してはいなかった。男子ではあり得ない問題があちこちから噴き出してきたんだ。

 例えば日本の直接の対戦相手でもあるスペイン。2年連続バロンドールを獲得しているアレクシア・プテジャスもいる強敵だけど、当初スペインからは15人のレギュラー選手がW杯に出場しないと表明したんだ。理由は男性監督が女性をリスペクトしないから。パワハラがあって心身の健康を害した選手もいたらしい。監督解任を求めて協会に直訴したけど聞いてもらえなかった。

 東京五輪優勝国のカナダも、以前から女子にかける資金不足と不当な扱いを協会に抗議していた。2月に行われたシーブリーズカップでは「要求が受け入れられないなら大会には出ない」って宣言したんだけど、サッカー協会が「出場しなければ訴える」と脅して強制的に出場させた。彼女たちは大会で「もうたくさん!(enough is enough)」って書いたシャツを着て抗議をしていたよ。そんな女子選手の主張を男子選手も支持し、国会で論議された後、やっと6月に男女同等の扱いが認められたんだ。

 ジャマイカの事態はより深刻だ。「レゲエガールズ」って呼ばれる彼女たちにはW杯出場に必要なカネが足りない。開催地までの渡航費や宿泊費はFIFA持ちだけど、例えば合宿や食費などは自国持ち。でも協会が十分な費用を出してくれないんだ。そこで選手の母親たちが中心になってクラウドファンディングを始めた。目標額は10万ドル(約1440万円)だけど、今のところはまだ半分しか集まっていないみたいだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 2
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  3. 3
    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

    協会の強硬姿勢が招いた「15大会消滅」の危機…杜撰なツアー改革構想が女子プロの職場を奪う

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

    大阪万博「子ども無料招待事業」に教職員・自治体が猛反発! 大阪府民“ほぼ無関心”の深刻事態

  1. 6
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 7
    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

    止まらないマイナ保険証ゴリ押しに我慢の限界! 河野デジタル相に怒りのパブコメ殺到

  3. 8
    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

    三田寛子と藤原紀香「梨園の妻」の意外な評判 ランジェリー公開で露呈した三田の芸能人気質

  4. 9
    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

    阪神・佐藤輝明の機能不全は岡田監督の“旧時代的アドバイス”が元凶か…名球会会員は“前さばき”の悪循環を指摘

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う