かつての横綱が“満身創痍”照ノ富士を語る「本人が一番つらいはず」と八角理事長&芝田山広報部長

公開日: 更新日:

「その時」はいつかやってくる。

 途中休場した昨年7月場所以来、3場所ぶりに土俵に復帰した横綱照ノ富士(32)。22日は錦木と対戦。立ち合いで相手の左腕をきめ、投げで体勢を崩してから右差し左上手の型で寄り切った。

 これで7勝2敗。もっか優勝戦線トップは琴ノ若阿武咲大の里の1敗力士3人。2敗の照ノ富士にも十分可能性があるとはいえ、果たして来場所は出場できるのか。再び長期休場となるのではないか、という懸念は付きまとう。

 前回の大関昇進後にはケガと病気で序二段まで陥落。それでも不屈の闘志で大関に返り咲き、横綱昇進を果たした復活劇は相撲ファンの胸を打った。

 しかし、すでに体はボロボロ。両ヒザと腰にバクダンを抱え、糖尿病も患っている。昨年は5場所休場し、4場所が全休。皆勤は1場所のみだった。

 そんな横綱を、かつて土俵の頂点を極めた2人、八角理事長(元横綱北勝海)と芝田山広報部長(元横綱大乃国)はどう見ているのか。

 八角理事長は「非常によく頑張っていると思う」とこう続ける。

「ただ、以前と違って必死にならなければ勝てなくなっているのも事実。これは私もそうだったし、そうした姿を見せることもまた大事だと思う。私も(晩年の)千代の富士さんが上手を取って、相手に頭をつけながら必死に勝つ姿も見ていますから」

 芝田山親方も「照ノ富士のケガが今まで以上に良くなることはないでしょう。本人が一番つらいはず」と、理解を示す。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽