ドジャース大谷「1000億円超契約」責任と重圧…術後“最速ペース”復帰が物語る強い意欲

公開日: 更新日:

 ドジャース大谷翔平(29)が新天地デビューを果たした。

 去年の9月19日にメスを入れてから162日。オープン戦とはいえ、右肘手術から史上最速の160日で戦列に戻った昨季のフィリーズ・ハーパー内野手(31)に匹敵する早期復帰だ。

 大谷が韓国での開幕シリーズ(3月20、21日)までにライブBPやオープン戦を通じて50打席は立ちたいとロバーツ監督に要求したのは、ハーパーの復帰スケジュールを参考にしたからだろう。

 一昨年オフ、右肘にメスを入れたハーパーは術後の経過が良かったこともあり、大谷の執刀医でもあるニール・エラトロッシュ氏から、リハビリメニューの削減が許可された。そしてマイナーでの実戦を経ずにライブBPを行っただけで、ぶっつけ本番となる5月2日のドジャース戦で復帰した。

 復帰後は約2カ月間、振るわなかったものの、なにせ右肘にメスを入れたのは前年の11月。開幕早々、靱帯を損傷しながらレギュラーシーズンはもちろん、ワールドシリーズまでプレーしたからで、エンゼルス時代の大谷のように早々とシーズンが終わっていればさっさと手術を受けてオープン戦から実戦を重ねたはずだ。ハーパーはシーズンを追うごとに調子を上げ、126試合で打率.293、21本塁打、72打点。2年連続ポストシーズン進出に貢献した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

    花巻東時代は食トレに苦戦、残した弁当を放置してカビだらけにしたことも

  2. 2
    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

    「ダルよりすごい」ムキムキボディーに球団職員が仰天!プロ3、4年目で中田翔より打球を飛ばした

  3. 3
    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

    裏金自民に大逆風! 衆院3補選の「天王山」島根1区で岸田首相の“サクラ”動員演説は大失敗

  4. 4
    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

    22年は尻回りが推定1.5倍に増大、投げても打ってもMLBトップクラスの数値を量産した

  5. 5
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  1. 6
    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

    橋下徹氏&吉村知事もう破れかぶれ?万博の赤字に初言及「大阪市・府で負担」の言いたい放題

  2. 7
    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

    WBCの試合後でも大谷が227キロのバーベルを軽々と持ち上げる姿にヌートバーは舌を巻いた

  3. 8
    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

    大谷の2023年は「打って投げて休みなし」…体が悲鳴を上げ、右肘靭帯がパンクした

  4. 9
    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

    「横浜愛」貫いた筒香嘉智 巨人決定的報道後に「ベイスターズに戻ることに決めました」と報告された

  5. 10
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う