大谷がケンカ吹っ掛けた球審は「退場記録保持者」…高圧的で悪名高いだけに心配な“報復ジャッジ”

公開日: 更新日:

 ドジャース大谷翔平(29)が日本時間16日のジャイアンツ戦で4打数2安打。3戦連続マルチで打率.364とし、12本塁打と合わせて2部門でリーグトップをキープしたが、今季初の2度の見逃し三振を喫した。

 大谷は三回の第2打席、九回の第5打席とも自信を持って見送った球を「ストライク」とコールされ、ハンター・ウェンデルステッド球審(52)に右手を振りながら「低い」「外れている」とアピール。憮然とした表情でベンチに引き上げる際には球審から激しい口調で反論されるシーンもあった。

 試合後のロバーツ監督は2つの見逃し三振について「両打席とも、どちらに判定されてもおかしくはなかった」と球審の判定を擁護したが、大谷は厄介な相手にケンカを吹っ掛けてしまった。

■父親はワールドシリーズを5度裁く

 ハンター氏は、32年間に渡ってメジャーの審判を務め、ワールドシリーズを5度裁いたハリー氏(故人)を父に持つサラブレッド。ハリー氏は引退後、審判学校を運営し、多くのアンパイヤを輩出した。父親の気質を受け継いだのか、ハンター氏は審判の威厳を重視して選手、監督に対して高圧的な態度で接することで知られる。ツインズやタイガースを指揮し、抗議が多かったロン・ガーデンハイヤー元監督にレギュラーシーズン、ポストシーズン含めて計5度の退場処分を下した過去がある。同じ審判から5度も退場を宣告されたのは、メジャー最多記録だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず